インフルエンザの治療薬で有名なのはタミフルとリレンザがあります。リレンザはタミフルと違い、吸入式の治療薬となっていて治療だけでなく予防にも使用できるという点があげられます。

リレンザについて考える男女

リレンザと暖めることで感染力強のインフルエンザ治療

空気が乾燥すると、インフルエンザウイルスの感染力が強くなるので、12月~2月の寒い冬になると、毎年のように各地で流行し、会社や学校に行けなくなる人が増えるようになります。
インフルエンザにかかったら、会社の同僚や学校の仲間に移さないよう、休まなければなりませんが、その際、体を温めるべきか、冷やすべきかで悩んでしまうかも知れませんね。
インフルエンザを発症すると、高い熱が出るので顔は熱くなりますが、体はガタガタと震えるほどに寒さを感じてしまうので悩むところですが、高熱があるのに寒気がするのは熱が上がりきっていない証拠になります。
体内細胞がウイルスを倒そうとして、頑張って熱を上げている状態なので、このときはそれを手助けするために、厚着をしたり、布団を重ね着するなどで、体を温めるようにしてください。
悪寒がしなくなったら、熱が上がりきった証拠なので、その後は薄着にしたり、布団の枚数を減らすなどして、体を冷やしてもかまいません。
おでこや首、脇などを冷却材などで冷やすと、かなり楽になるでしょう。
汗をかいたらタオルで拭くようにし、パジャマなども着替えるようにして、スポーツ飲料などで水分や塩分の補給をすれば、じきに熱も下がり、体を動かせるようになるはずです。
インフルエンザを早く治したいときは、リレンザという吸入薬を使えば、気道で増殖しようとしていたインフルエンザウイルスの働きを抑えられるので、症状が重くなるのを防げます。
リレンザはドラッグストアなどでは手に入らないので、病院へ行って処方してもらうと良いですが、薬代以外の診察代や交通費がかかるので、もっと安い費用で抑えたいと思うなら、個人輸入代行通販から取り寄せるようにしてください。