インフルエンザの治療薬で有名なのはタミフルとリレンザがあります。リレンザはタミフルと違い、吸入式の治療薬となっていて治療だけでなく予防にも使用できるという点があげられます。

リレンザについて考える男女

タミフルの様な異常行動が起こりにくいリレンザの値段

インフルエンザに感染すると、自分以外の人にも移してしまうので、38度以上の高熱や頭痛、筋肉痛、関節痛などの症状が起こったら、おとなしく会社や学校を休んで、家で安静にしているようにしてください。
抗インフルエンザ薬のリレンザを使えば、インフルエンザウイルスの増殖を抑えて、症状の悪化を防ぎ、早めの回復が出来るのでおすすめです。
抗インフルエンザ薬はタミフルという錠剤が有名ですが、未成年が使用すると、まれに異常行動をとることがあるので、いきなり外に飛び出したりしないよう、そばに保護者が付いて見守らなくてはなりません。
リレンザにもその危険がないわけではありませんが、錠剤のように飲みこむ薬とは違い、吸入して気道に直接作用させて使う薬なので、異常行動のような副作用が起こりにくいと考えられています。
それでも使い始めは、保護者がそばに付いていた方が良いでしょう。

リレンザの値段はブリスター1個で173.5円ですが、1回で2ブリスター347円が必要になるため、1日2回、5日間で3470円が必要です。
病院では診察費や検査費、交通費などがかかるので、薬の値段と合わせると、5000~7000円ほどの出費となるでしょう。
個人輸入代行通販を利用すると、一箱6000円程度の値段になりますが、大抵のサイトでまとめ買いで割引をしてくれるので、二箱や三箱以上を購入すれば、お得になります。
インフルエンザに一人が感染すると、他の家族にも移る可能性が高いので、いざというときのことを考えるなら、家族分をまとめて購入し、自宅に備えておくと安心です。
個人輸入代行通販は処方箋なしで購入できるのが魅力なので、出来るだけ安く販売しているサイトを探しましょう。