インフルエンザの治療薬で有名なのはタミフルとリレンザがあります。リレンザはタミフルと違い、吸入式の治療薬となっていて治療だけでなく予防にも使用できるという点があげられます。

リレンザについて考える男女

インフルエンザ発熱時における葛根湯・リレンザの効果

毎年冬になると流行するインフルエンザ。予防接種も一般的になってきていますが、予防接種していてもかかる場合もあります。38℃以上の発熱や悪寒、節々の痛みなどの症状がある場合は早めに医療機関を受診して検査を受けたほうがよいです。
検査して陽性反応が出た場合は、医師が薬を処方してくれます。抗インフルエンザ薬として現在国内で発売されているのはタミフル(飲み薬)・リレンザ(吸入薬)・イナビル(吸入薬)・ラピアクタ(点滴薬)の4種類です。
イナビルは1回投与ですむぶん副作用のリスクが高く、ラピアクタは点滴なので一般的なクリニックではなかなか使いずらいため、外来で処方される薬はタミフルとイナビルが多いと思います。
タミフルは1日2回、5日間内服します。吸入薬に比べて使いやすいこともあり、非常によく使われていましたが、特に小児に投与した際に異常行動の副作用が起こるという報告がなされたことから、10歳代の患者さんには別の処方がされるようになりました。
そこで注目されたのがリレンザです。1日2回、5日間吸入するもので、最初は使い方にとまどうかもしれませんが慣れれば簡単にできるようになります。発熱などのインフルエンザ症状に即効性があり、また副作用も少ないというメリットがあります。
そして、これ以外の治療薬として使用されているのが葛根湯です。風邪のお薬というイメージがありますが、インフルエンザの初期には効果があることが報告されています。葛根湯には発汗作用がありますので、初期の発熱を緩和したり悪寒を和らげる効果があるのです。
葛根湯はドラッグストアでも手に入りますので、病院に行く時間がなかったり、夜間など病院が閉まっている時間に急に症状が出た場合などに、自宅で服用することができます。
ただし症状が続くようであれば、医療機関を受診して診断してもらうことが必要です。