インフルエンザの治療薬で有名なのはタミフルとリレンザがあります。リレンザはタミフルと違い、吸入式の治療薬となっていて治療だけでなく予防にも使用できるという点があげられます。

リレンザについて考える男女

インフルエンザの感染初期から完治まで

インフルエンザには感染経路があることは、ご存知の人も多いでしょう。
大抵は患者の咳やくしゃみによって飛ばされたウイルスに感染したり、またウイルスのついた手でドアノブなどを触ったために、同じ場所を触って感染することもあります。
だからといって、インフルエンザウイルスに感染しても、すぐに発症するわけではありません。
その前に潜伏期間があるからです。この潜伏期間は2日ほどといわれています。しかし場合によっては、1週間近いこともあります。
またインフルエンザウイルスに感染したからといっても、潜伏期間中の感染力はさほど高くありません。
発症後の方が高くなります。
主な症状としては発熱、鼻水、くしゃみ、せきなどです。
くしゃみやせき、鼻水などは風邪と共通しますので、間違える人もいるかもしれません。
しかし風邪にはない症状、たとえば倦怠感や関節の痛みなども症状として現れますので、これらの症状が出た場合は病院へ行き、市販の風邪薬は飲まないでください。
もしインフルエンザに感染したと思われる時は、病院で予防薬を処方してもらうことができます。
こうすれば感染を最小限に抑えることも可能です。また感染経路から感染しないために、手洗いを必ず行い、部屋を乾燥させ過ぎないように注意しましょう。
ところで、インフルエンザの完治基準はどのようになっているのでしょう。
1週間経って特に症状が出ない場合は、ほぼ完治しており、周囲の人に感染させることも少ないといわれています。
しかし仕事があってそうそう休めないという時は、解熱後2日をめどにするといいでしょう。
インフルエンザは後遺症が出ることもあります。
たとえば肺炎や気管支炎、子供の場合は中耳炎などが挙げられます。
そのため熱は下がったのに、痰が絡むとか咳がひどくなったという場合は、必ず病院に行って治療を受けるようにしましょう。
特に一旦治ったと思ったら、再び熱が高くなってぶり返すこともあります。
これを二峰性発熱といいます。
もし熱が上がった場合は病院に行き、その後は自宅で安静にするようにしましょう。
またこの場合も、市販の解熱剤は飲まないようにしましょう。

参考サイト

インフルエンザの潜伏期間や発症、症状などについては下記サイトを参考に致しました。

http://www.datapanicdistro.com/tags/インフルエンザ潜伏期間/

インフルエンザは自然治癒できる?

一方でインフルエンザは、自然治癒させることもできます。
インフルエンザの自然治癒というと、意外な顔をされそうですが、部屋を暖かくして、温かい食事や飲み物を摂るようにしていると、徐々に効果が現れ始めます。
特に高熱が出ている時は、経口補水液、あるいはスポーツドリンクなどで水分を補うようにしましょう。
もちろんこの場合も、市販の風邪薬は使わないように注意してください。

インフルエンザの完治の基準は?

ところで、インフルエンザの完治基準はどのようになっているのでしょう。
1週間経って特に症状が出ない場合は、ほぼ完治しており、周囲の人に感染させることも少ないといわれています。
しかし仕事があってそうそう休めないという時は、解熱後2日をめどにするといいでしょう。
インフルエンザは後遺症が出ることもあります。
たとえば肺炎や気管支炎、子供の場合は中耳炎などが挙げられます。
そのため熱は下がったのに、痰が絡むとか咳がひどくなったという場合は、必ず病院に行って治療を受けるようにしましょう。
特に一旦治ったと思ったら、再び熱が高くなってぶり返すこともあります。
これを二峰性発熱といいます。
もし熱が上がった場合は病院に行き、その後は自宅で安静にするようにしましょう。
またこの場合も、市販の解熱剤は飲まないようにしましょう。
一方でインフルエンザは、自然治癒させることもできます。
インフルエンザの自然治癒というと、意外な顔をされそうですが、部屋を暖かくして、温かい食事や飲み物を摂るようにしていると、徐々に効果が現れ始めます。
特に高熱が出ている時は、経口補水液、あるいはスポーツドリンクなどで水分を補うようにしましょう。
もちろんこの場合も、市販の風邪薬は使わないように注意してください。